ママもパパも楽しめる情報サイト

育児カンタービレ

ダスキンのエアコンクリーニングを利用した実際の料金と感想

投稿日:2019.05.17 更新日:

エアコンの掃除、してますか?

竜一さん、いままでエアコンの掃除、したことがなかった。

……と言っても、もちろんフィルターを洗ったりはするよ?

問題はエアコンの中なんです。

事件はフィルターで起こってんじゃない!

内部で起きてんだ!

ご存じですか?
エアコンのクリーニングを怠ると、どうなるかを……。

それはもうサスペンスよりも恐ろしいことが、エアコン内部で起こるのです。

本当にすごかったの。

竜一さんちのエアコン。たぶん4年くらい使っているけれど、そのあいだ一度も内部の掃除をしたことがなかったのね。

この夏、暑くなってきて、エアコン点けようかってなったときに、まあ普通にフィルターの掃除をしたわけです。フィルターが少し汚れていたから。

で。
フィルターを取り付けているときに、たまたまエアコンの内部が目に入ったのね。

瞬間、竜一、唖然。

もうね。言葉を失った。
実際には、なんじゃこりゃも何も、言葉が出なかったね。

すごすぎて。

空気が出てくるところから中をのぞくと、エアコン内部が、ほこりとカビの巣みたいになってて、こんなところから出てくる風を吸ってちゃダメだと、その場で掃除することを決意したわです。

でも、エアコンの中って、素人じゃなかなか洗えないんだよね。

最近のエアコンがどうなっているのかは知らないけれど、少なくとも竜一さんちにあるエアコンは、簡単に分解したりできないから、全然洗えないの。

そこで今回……!
ハウスクリーニングの大手「ダスキン」さんに、エアコンのクリーニングをお願いしました!

電話すると、夏前はやはり予約が立て込んでいて、最短でも十数日後になるとのことで、予約できる最短の日に掃除を依頼しました。

ダスキンさんに、家のエアコンをクリーニングしてもらった話

ダスキンにエアコンクリーニングしてもらう準備をしているところ

当日は、女性のかたが2人で家に来られました。

早速カバーを外していく、ダスキンさん。
早い。来て数分で、家のエアコンは上記の画像の状態。

エアコンクリーニングしてくれているダスキンのスタッフさんの足

床にシートを敷き、脚立にのぼり、機械に入った洗浄液で、汚れを洗い流していくダスキンさん。

ダスキンのスタッフさんがエアコンクリーニングしている最中

エアコン全体をカバーで覆って、水を下のバケツに落とす仕組みになっている

「へぇぇ」と見守ることしかできない竜一。

洗浄液とエアコンクリーニングした汚水が入るバケツの動画

「はい!終わりました!」と掃除終了。

汚水を見せてもらうと……。

エアコンクリーニングした汚水が入るバケツ

ぐわっ!この黒さ!
ほとんどイカスミだよ!

ヤバいね。こんなのを鼻から吸ってたんだよ。よく生きてたな、俺!

エアコンクリーニングが完了して綺麗になったエアコン

フィルターも掃除してくれて、綺麗になっている!

プロはすごいなぁ……。
普通にフィルターを自分で洗っても、ここまで白くならないよ。

エアコンクリーニングをした結果 真っ黒に汚れていた羽も白く綺麗になった

真っ黒に汚れていた羽も、元の白さに

うおぉぉぉっ……!

エアコンクリーニングをして新品同様になったエアコン

もう、ほとんど新品だよ!

蘇った……。
いま我のエアコンが再び目を覚ましたのだ……。

今夜は、エアコンの復活祭だ!

「ダスキン」エアコンクリーニングにかかった料金、掃除した感想

ダスキンさんに、エアコンのクリーニングを依頼してかかった料金は、12,960円でした。

個人的には、妥当な料金なんじゃないかなぁと思います。

だって自分で掃除できないからね。厳密にはできないこともないかもしれないけれど、やるとしたらすごく大変でしょう。業者さんに依頼したほうが、たぶん効率いいと思う。

▲ エアコンクリーニングのギフト券も販売されています。親御さん、あるいは一人暮らしの子どもさんにプレゼントするのも素敵ですよ。

13,000円くらいかかるよ、って言われると、安くはないなぁと躊躇するけれど、人からギフト券でもらったら、竜一さんなら勿体ないから絶対使う。

ウチのエアコンは大丈夫と豪語する人もいるけれど、2~3年くらいクリーニングをしていなかったら、どこの家のエアコンも、内部はほこりが雪のように積もっている……とのこと。

掃除をしなくてもいい」という宣伝文句で売られているエアコンもあるけれど、あれのほうがヤバいんだって。

掃除しなくていい」を信じて何年も放っておいた結果、業者さんが絶句するほど内部が汚れているエアコンもあるらしいです。

ダスキンのCMに起用されていたディーンフジオカさん

あなたもダスキンに、おうちのコト、任せてみませんか?(笑)

ダスキンさんは、おディーン様のクリアファイルを置いて、去っていった。

男が見てもカッコいいなぁ。おディーン様……。

竜一

1982年生まれ。高知県在住。2児(姉/弟)の父。家族と文章が好きで育児情報サイト「育児カンタービレ」を運営中。子育て中のママやパパに楽しんでほしくて書いています。

Copyright© 育児カンタービレ , 2019 All Rights Reserved.